メガネの選び方のポイント

メガネのフレームの選び方は、着け心地のためにも非常に重要です。合わないメガネフレームを選ぶと、頭が締め付けられて頭痛の原因となることもあります。また、メガネのフレームの形状によって人に与える印象が大きく変わることもあります。顔立ちにあったメガネをかけると、フェイスラインがなだらかになり小顔効果が得られるほか、全体のラインがすっきりするため、体型も美しく見えるでしょう。基本的にメガネの横幅は顔の横幅とほぼ同じ長さであることが、フェイスラインを美しく見せるためのポイントです。顔の縦の長さは、まゆからあご下までといわれています。この縦の長さのおよそ3分の1以下が、メガネの縦幅の目安とされています。黒目はメガネの中央に位置するように、まゆラインとメガネのフレームラインが同じ形のものを選ぶとよいです。

ラインを強調してほっそり見せる

人の顔は、丸顔や三角顔、四角顔、面長顔の4つに大きく分けることができます。それぞれの顔のタイプによって、似合うメガネのフレームは異なるので、まずは自分の顔のタイプを知ることが重要です。丸顔の人は、縦よりも横の比率が高く、全体的に柔らかい印象を持っていることが特徴となっています。優しい顔立ちをしているので、メガネフレームによってシャープな印象に近づけると印象が整うとされています。丸顔の人に似あうメガネは、縦幅の少ない直線的でシャープなラインのメガネやスクエアフォルムのメガネです。丸顔のふっくらとした印象を整えてくれます。また、フレーム上部にポイントがあるフレームなどを使用すると、顔の縦のラインを強調することができて、顔をすっきり見せることができます。