メガネを選ぶときのコツ

メガネは視力矯正のだめだけにかけるのではなく、今やファッションの一部です。機能性だけでなく見た目の観点からコンタクトレンズを使用する人もいますが、最近では、あえてメガネを選ぶ人も多いです。また、視力に問題がないのに伊達メガネでおしゃれを楽しむ人もいます。
フレームの太いもの、細いもの、縁のある、なし、レンズの色味など、メガネ屋さんにはさまざまな種類のメガネが取り揃えられており、その中から自分に似合うひとつを選ぶのはなかなか困難です。自分の輪郭や雰囲気にはスクエアタイプのメガネが似合うのか、少し丸みを帯びているメガネが似合うのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。しかし自分に似合うものを選ぶのもいいですが、なりたい自分に合わせてメガネを選ぶのもひとつの方法です。

メガネが醸し出す印象

一般的に丸顔の人はスクエアタイプのメガネ、四角顔の人は丸みのあるタイプのメガネを選ぶといいといわれていますが、気にしなくても大丈夫です。なぜならメガネでイメージチェンジすることができるからです。
スクエアタイプのメガネは、角ばった形から連想するようにキリッとした印象があり、勉強や仕事ができそうなイメージがします。一方、丸みがあるフレームのメガネをかけている人は、話しやすそうに見えたり、親しみやすそうに見えるものです。親近感を感じたり、優しそう、ほんわかとした印象がします。
メガネひとつで顔の印象はガラッと変わりますし、メガネひとつで変えることができるので、メガネは気軽なイメージチェンジのアイテムといえます。なりたい自分を想像し、ほんわかとした雰囲気にしたいのなら、丸みのあるフレームのメガネを選びましょう。

目が悪い人にとって必要不可欠なのがめがねです。ですが最近ではネットが普及しており、ブルーライトカットだけのものやおしゃれの一部として伊達のものもあります。他にも種類・形は様々です。